売買形態の変化でファッション通販はどうなるのか?


ファッション通販はわざわざ店頭に出向かなくてもいいという手軽さから売り上げを伸ばしてきました。

カタログを見ながら商品を選び注文するのは簡単で、しかも商品が届くまでのワクワク感も通販が愛されてきた理由でした。

しかし現在、ファストファッションの人気が高まったり、オークションでの個人売買が利用されたり、他の売買方法の売り上げが伸びるにつれて、通販を運営する企業は苦戦を強いられています。


特に老舗の企業でテレビショッピングやカタログ販売が主だった頃から運営している企業では、売り上げを維持することが厳しくなり、大規模なリストラ策や企業統合などにより経営の見直しを図っているところもあります。

NAVERまとめの情報が更新されています。

ファストファッションの人気は最近特に目立ち、最新アイテムやトレンド色が強いアイテムを安く購入できるのが魅力です。

実際に手にとって商品を見られる安心感もあり、若者を中心に販売数を伸ばしてきました。



売買形態の多様化で台頭してきたのがオークションサイトです。



これは通販会社にとって強力なライバルであることに間違いありません。
ファッションアイテム以外の品揃えも豊富で新品やその状態に近いものをかなりの安価で売買できることもあり集客数は非常に多いです。

オークションサイトによってはそのネームバリューにより圧倒的な人気を博しているサイトもあります。
今後も通販企業は苦戦を強いられるかもしれませんが、顧客の獲得のために企業はその努力を推し進めることでしょう。


私たちのファッションはそうした企業の努力によってより個性的に、より身近に、より取り入れやすくなっているのです。